芸能人

押尾コータローのギターテクニックは上手いか下手か?弾き方が独特!

どうも~!こんちわ!

9月23日のTV「関ジャム 完全燃SHOW~地味とは言わせない!アコースティックギターの魅力!~」に出演される押尾コータローさん

番組内でmiwaさんや古川昌義さんと共に、ギターのテクニックを披露してくれるそうです!

押尾コータローって誰?と思う方ももしかしたらいるかもしれないですし、なに?ギター上手いの?という方もいらっしゃるかもしれません!

そこで今回は

  • 押尾コータローさんはどんな人なのか
  • ギターの演奏スタイルについて
  • ギターは上手いのか下手なのか!!(←愚問?)

こんなテーマでいきます!

スポンサーリンク

押尾コータローのプロフィール

名前:押尾コータロー

本名:押尾 光太郎(おしおこうたろう)

生年月日:1968年2月1日(50歳)

出身地:大阪府吹田市

身長:180cm

所属事務所:コータロー音楽事務所

 

中学2年の時からギターを始めたんだそうです。この時期にギターを始める方多いですよね。僕の友達にもギターに目覚める子がすごく多かったのも同じ中学2年でした。笑

僕はギターなどの楽器ではなく、歌のほうに目覚めてました。笑

押尾さんの学生時代はギタリストの元でレッスンを受け、高校卒業後は東京の音楽専門学校に進学&移住!そこでも、ギタリストの方のレッスンを受けていたんだそうです。

やっぱり押尾さんほどの方でもちゃんとレッスンを受けているんですね。勝手な想像ですが、全部独学かと思ってました。

「守破離」の流れを体現されているんですねぇ~。

2002年、押尾さんが34歳の時にメジャーデビューをされたそうです!

結構遅かったんですねぇ!

当時は当たり前ですけど押尾さんの事を知っているスタッフもいませんから、リハーサルなどをやる際、弾き語りだと思われていて、「歌わないの?」と聞かれた事もしばしばあったそうです。

そうですよね。インストのギアリストってあんまりいないですもんね。

僕は昔から押尾コータローさんの名前は知っていたというか聞いたことはあったんですが、どんなことをされている方か正直知りませんでした。

ですが、あるCMがキッカケで知る事となったんですが、その中で流れる曲がかっこよくて、これは誰だ!?とすぐググったのを覚えています。

そのCMで使われていた曲がこちら

三菱電機カーナビゲーションシステム「DIATONE SOUND.NAVI」のテーマ曲なんですが、観たことある方も多いんじゃないでしょうか?

ギターでこんなキレイなメロディ弾けるんだぁ~と当時は衝撃でしたねぇ。

こんなふうに弾けたら、どれだけ楽しいことか・・・

といった感じで、押尾さんの簡単なプロフィール&経歴でした!

スポンサーリンク




押尾コータローさんの演奏スタイル(弾き方) 

押尾さんの演奏スタイルは上記動画をご覧いただいても分かると思いますが、始まってすぐくらいに、弦を指で触ってるだけなのにキレイな音が鳴っている部分の演奏方法タッピングという技術を使われていますし、テンポよく演奏し始めた時にギターの音の中に「チャ!チャ!」というようなリズムをとってる音聞こえますよね?手でギターの弦を叩いている音なんですが、これはスラッピングという技術です。

これは押尾さん独自の奏法というよりは、アメリカのギタリストの影響を強く受けているんだそうです。

僕は押尾さんを知るまでは、極端に言えばギターは弾き語りをするための楽器だと思っていたくらい、ギターの事を全く知りませんでした。

なので、押尾さんのCMで使われていた曲を聞いた時はビックリしましたねぇ。

押尾さんに憧れてギターを始めた若い方も多いと思いますが、逆に、何にも趣味のなかった年配のお父さんが押尾さんの影響でギターを始めたり、子供が押尾さんのファンだったのに、いつのまにか自分がファンになってしまい、ギターを始めたお母さんもいらっしゃるんだそうです。笑

かっこいいですもん~。

あとは、メロディがキャッチ―なのも万人ウケしている理由じゃないでしょうか?

ギターのソロって、イメージとしては静かな感じで、目を瞑って聴くような感じかなと思うんですが、押尾さんの場合は歌っているかのようなメロディがついていて、聴いていて飽きないという方が多いようですね。

しかし、キャッチ―であるが故に、「ただの売れ線だ」という方もいらっしゃいます。

何が悪いの?という感じで僕は思ってしまったんですが、そうゆう方もいますよね。よく考えたら僕も歌に関してはそのタイプかもしれない・・・と、ちょっと反省しました。笑

 

ファンやネットの評価や評判

やっぱうまいなぁ 聴き惚れてしまう

 

ほんとにギターの音エロすぎてcm見てると体が暑くなってムラムラすんだけど…

 

これは、本当に1人で弾いているとは思えない

 

もっと多くの人に知ってもらいたい、この人の凄さを

 

ギター一本でどこまで連れて行ってくれるんだろう、ってくらい表現の幅がすごく広い方ですね 素晴らしくて、ぞわぞわします
いや、もうかっこよすぎでしょ!!この曲疾走感があって、でも何か哀愁も感じられる、すごいかっこいい曲で大好きです。ギターの上手さは勿論、作曲の才能も素晴らしいと思います。
色んな音を出すなぁ・・・ギター一本じゃないみたい・・・
スポンサーリンク




ギターは上手いのか!?評価やいかに!

本題ですが、これは愚問でしょうか。

ただ、中には本当に上手いのか疑問に思われている方もいるようです。

そうゆう方はギターをマジでやっている方なのかなと思います。

しかも雑誌なので紹介される時は「超絶ギタリスト」みたいな感じで紹介されますからね。

 

押尾さんが上手いと言われている所は・・・

  • 作曲・アレンジセンス!
  • 音選びが上手い!

というふうな声があります!技術面でいうと、そこまですごいというわけでもないという声もあります。

ちなみにご本人も、一番上手いギタリストはアコギではTommy Emmanuelという方が一番だとおっしゃっているそうです。

3:12くらいまではギターの演奏ではなく、打楽器みたいにギターを使っていてすごいですw

そこから先はギターソロになるんですが、確かに上手いと言われている意味がわかります!

というか上手い下手とか言っちゃダメですよねこうゆう方に!w次元が違うw

○○さんが一番上手い!というふうに言える押尾さんのこうゆう謙虚さが、上手さの秘訣な気もしますね。

なんとなく押尾さんのスタイルもこの方に近い気がします。お客さんを楽しませようとするスタイル、僕好きです!

押尾さんのライブがあれば行きたいなぁ~。ギター1本でどこまで楽しませてくれるのか味わってみたい。生ライブはすごいんだろうなぁ~。

今回の番組でmiwaさんや古川昌義さんと一緒にアコギについて語ったり、ギターのテクニックを披露するそうなので、楽しみです^^

こちらもどうぞ→miwa(ミワ)のギターの腕前は下手か上手いのか?歌声が不快で嫌いとの声も

スポンサーリンク




まとめ

というわけで、

  • 押尾コータローさんの演奏スタイルがかっこいい!(←これを伝えたかったw)
  • 上手い下手というよりは、センスがずば抜けている!

まずギターソロだけで勝負している事自体すごいですから。

それでお金もらって、ご飯食べてるんですから。

ギター1本で今年で16年目ですよ。ほんと苦労されたんだろうなと思います。

今度マジで押尾さんのライブいこう!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。