雑記

配達を玄関前に置くだけの問題点は?不安の声の解決策は?

日本郵便の配達サービスがちょっと変わるみたいですね。なんでも、通販で買ったものとかの商品配達に関して、家にいる、いないに関わらず玄関のドアノブにかけておくとか、宅配ボックスにいれておくというサービスらしいです。

指定した場所にも届けられるみたいですね。車庫とか。

2019年の春から導入するみたいですが、ネット上でも「色々と問題がある」と話題になっています。

あっ、でも必ず玄関前に置かれるわけじゃないですよ!?今まで通りの再配達か置くだけか選べますからね^^

というわけで、日本郵便の新サービスについて書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

目次

「配達を玄関前まで」導入の背景

「今日は買った商品が届く日だぁ~楽しみ^^」

「でもまだ届かないだろうし、ちょっとコンビニ行ってこよっ」

~帰宅後~

「不・・・・・不在表・・・・・」

 

こんなすれ違いの経験ありません?笑

切ないですよねぇ・・・で、再配達お願いしたけど中々来なくて、結局1日商品待つだけで終わった~なんてことがありましたよね?ないです?

僕はありました。楽しみにしているものほど、こうなる傾向にありましたね!笑

今回の日本郵便が導入する新サービスのお客様目線での背景はココです!

やっぱり皆さんもどかしいじゃないですか^^; なので、家にいる、いないに関わらず届けちゃいましょう!

簡単に言うと、これがお客様目線の導入背景。

その反対に自分たち目線(日本郵便側)の導入背景もあります。

企業が新しいサービスを導入する時はだいたい経費がからんでます。

再配達ってのは、やっぱりお金がかかるんですね。例えば、ガソリン代。同じ所に2回、3回と行くわけですからね。

そして人件費。定時すぎての配達になる可能性もありますよね?そうなったら残業代です。

あとは働く人の負担軽減。1回で届けられれば、早く休憩もできるし、退社もできる。最近の「働き方改革」を考えてのことじゃないでしょうか。

 

まだ他にも色んな理由があるんでしょうが、メインはこんな導入背景ではないでしょうか。

 

ネットの声が問題点を指摘

このサービスを発表してから、不安の声が多いですねぇ~。

どんな声があるのか紹介していきます。

メールで連絡来て受取方法選べる所までは、 まぁ普通なんだよね。玄関前に置くって発走ネタとしか思わないんだけど笑。配達完了したから盗難されても知りません、無くなったらもう一度注文してくださいってこと?両者にリスクありすぎじゃない?

 

配達員の配達装い・天候による商品へのダメージに対する保障を考えると早計では? 1戸建てならともかく、集合だと邪魔だしね。

 

果たして今の日本の状況で配達終了となるのか。配達されたはずの品物が紛失する可能性はないと言えるのか。現在ある郵便局まで受け取りに行く選択も入れておくべきでは。

 

これは大きな変更では?再配達の手間が省けるのはいいけど、窃盗とかちょっと心配ですね。置く場所指定できるといいけど。

 

これが盗まれたりした場合の責任の所在は受け取り側になるのかな? そうだとすると選びづらくない?

 

どう見ても窃盗が多くなりそう。誤配のときはどうするのか、雨で傷んだときは誰が責任を取るのか。問題が多いのでは。

 

荷物の増加に対して人手不足の解消が進まない中、不在時の再配達を抑えコストを削減する狙いがある。という理由はわかるけど,盗難が増えそう。盗難され物が届いていませんという連絡が絶対に増え逆に郵便局が困ると思う。

 

多くの方が心配されている事は盗難・紛失ですね。僕も真っ先にこれが心配になりました。

もしドアノブにかかってるだけだったら、盗ってくださいって言ってるようなもんなので泥棒さん大喜びですよね。

受け取り主にしてみれば、まだ届いてないなぁ~ってなって、日本郵便に確認の電話を入れる。もう配達してまっせ~って言われて、品物はどこへやら。

こんなの頻発するだろうなと思います。

つまり、こうなった時の責任の所在は日本郵便側なのか、受け取り側なのかがハッキリしていないんですね。

うちは届けました、もう知~らない!こんなんじゃそりゃ不安になりますよね。

じゃあどんな解決策があるのか。ネットの声を色々紹介していきます!

 

解決策は?

盗難の心配についての解決策の声はこんなのがあります。

コンビニ受け取りでいいんじゃあないのかなあ

あ~なるほど!それもいいですね!でも、コンビニがやたら遠い地域に住んでる方は一苦労ですね・・・^^;

宅配ボックスを進化させる

これもいいですね~!なんか近未来的な、バックトゥーザフューチャーにでも出てきそうな盗難対策バッチリな宅配ボックスを各家庭に安く設置できれば、日本郵便だけじゃなく佐川急便や、ヤマト運輸などの再配達問題も解決してくれそうですね!

ただ消費者が購入するっていうのが高い壁ですねぇ・・・。

 

そもそも、このサービスについてこんな声もありました。

荷物置いていくなら不在はがきで取りに来てもらえばいいじゃないか
再配達はしないことにして

確かに!例えば、お客さん側で指定した時間に行ったのに不在だった場合はお客さんにも責任あるし、取りにきてもらう!これもいいですね。

時間指定してない場合に不在だった場合は・・・ん~・・・やっぱり近未来宅配ボックス?笑

 

ん~なかなか難しい問題ですねぇ。日本郵便の配達員も確かに人手不足じゃ大変ですからねぇ。

だけど、まだ議論が足りてない感じしますね。

まとめ

いかがでしたか?

  • 「玄関前に置くだけ」導入の背景は再配達のコスト削減と、早くお客さんの元へ届けること
  • 消費者の不安の声は盗難・紛失についてが多い
  • 解決策の声はいっぱいあるけど、どうなんでしょう。

まだまだ議論が足りていないように思いますね。このまま新サービスを始めちゃったら色んな問題が出てきそうですし、お客さんの不安点を解消できてない状態なら利用する方も少ないでしょうから、結局日本郵便側がかかえる問題は解決できないままになってしまいますので、こういった不安の声をどんどん吸い上げていってもらいたいですね。

個人的には進化した宅配ボックスがいいな笑

というわけで、今回は以上です!

最後までご覧いただいて、ありがとうございました☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。